クレジットカードの国際ブランド

クレジットカードの5大国際ブランド(VISA、Mastercard、AMEX、Diners Club、JCB)の特徴とカードブランドの使い勝手、世界的な優待サービス網などを比較解説しています。

クレジットカード比較の達人

TOP > クレジットカードの国際ブランド

クレジットカードの国際ブランド

| 各国際ブランドの特長近年の動向国際ブランドの優待サービス網比較

国際的に使える主要なクレジットカードのブランドは、VISA、Mastercard、American Express(AMEX/アメックス)、Diners Club(ダイナースクラブ)およびJCBです。これらは、「5大国際カードブランド」と呼ばれています。

カードブランドの特徴

国際カードブランドは、大きく分けて「決済カード(ペイメント)」と「T&Eカード」の二つのタイプに区分されます。

1.決済カード(ペイメントカード)

VISAMastercardは、商取引を迅速かつ安全にする「決済カード」として、世界最大の電子決済ネットワーク(加盟店舗数は、VISA=(2009年現在)世界3,000万店以上、Mastercard=(2012年現在)世界3,330万店以上)を構築しており、利便性に優れています。

なお、VISA、Mastercardを運営管理するVISA International、Mastercard Internationalは、両社とも、自らはクレジットカード発行業務を行っておらず、VISAカードおよびMasterカードの発行は、各々のブランド運営元から発行ライセンスを受けた、世界の多数のクレジットカード発行会社(カード・イシュアー)によってなされています。

VISA InternationalやMastercard International自体が企画している優待サービスもありますが、規模的にはそれほど大きいものではありません。そのため、VISAカードおよびMasterカードの優待サービスは、カード発行会社がそれぞれ独自に用意しているサービス内容を確認するべきです。

2.T&Eカード(トラベル&エンターテイメントカード)

AMEXDiners ClubJCBは、「T&Eカード」と呼ばれ、ホテル・レストラン・ゴルフ場・レジャー施設など旅行とエンターテイメント(T&E)関連での利用を主眼においた加盟店舗網を構築するとともに、T&Eサービスを充実させています。

AMEXおよびDiners Clubを運営するアメリカン・エキスプレス・インターナショナル(American Express International Inc.)およびダイナースクラブ・インターナショナル(Diners Club International)のプロパーカード(自社発行カード)は、海外では、翌月一回払いを原則とする「チャージカード」としても知られています。※VISA/Mastercardは、リボ払いを主とする「クレジットカード」として区分されています。

両ブランドのプロパーカードは、「チャージカード」であることにくわえ、世界の各国において、他社ゴールドカードの標準を超えるカード年会費を設定、かつ世界共通デザインの採用をすることで、世界のステータスシンボルとしてのブランドイメージづくりに成功しています。
ゴールド・プラチナカードのステータス徹底検証はこちら≫

もちろん、両ブランドは、単なるステータスシンボルというだけではなく、その高額年会費に見合うだけのハイレベルな各種付帯保険および充実のT&Eサービス網を世界的に構築しており、世界で活躍するエグゼクティブにとっては、コストパフォーマンス的にも優れたカードであるともいえます。

なお、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.およびジェーシービーは、自社ブランドのカード発行ライセンス供与も行っており、カード他社発行のAMEXカードやJCBカードも存在します。

ジェーシービーは、JCBカードを、国内においては、最大加盟店舗数を誇る「決済カード」として、国際的には国内外で使える「T&Eカード」として事業展開しています。

●カードブランドの使い勝手

日常の暮らしにおいて、どこでも使える利便性という観点では、加盟店舗数の大きいVISA、MastercardおよびJCB(国内)が優れています。また、これらの3ブランドは、店頭およびネット決済での安全性を高める「ICチップ」および「本人認証サービス」をいち早く導入するなど、セキュリティ面にも力を入れています。

旅行やエンターテイメントを楽しむという観点では、T&Eサービスが多彩なAMEX、Diners ClubおよびJCBがお勧めです。

とくに、AMEXは、世界70カ国以上に広がる優待割引サービス網「アメリカン・エキスプレス・セレクト」や世界140カ国2,200カ所で緊急時のアシスタンスを含み、トラベルをサポートする「アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス」網(現地語もしくは英語での対応)を整備しており、AMEXカード会員は、その発行元を問わず、両サービスを利用することができます。

さらに、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.発行プロパーカードは、空港での手荷物無料宅配サービスをはじめ心にゆとりをもたらす「ストレスフリートラベル」特典や、海外から24時間通話料無料で現地情報やチケット予約、緊急時アシスタンスなどのトラベルサポートを日本語で提供する「グローバル・ホットライン」など、比類のない独自のトラベル特典を提供しています。

ジェーシービーも、カードの発行元を問わず、JCBカードへの共通サービスとして、2015年5月30日現在、世界の16都市・エリア別のMAP着きオリジナルガイド「JCB優待ガイド」や、海外旅行先での日本語対応サポートデスク「JCBプラザ ラウンジ」(海外9カ都市)と「JCBプラザ」(海外51カ都市)を用意しています。とくに、「JCBプラザ・ラウンジ」のきめ細かなサービスには定評があります。

近年の動向

国際カードブランドの「決済カード」か「T&Eカード」という枠組みは、カードブランドのビジネススタンスとして存在するものの、近年、それらがカード会員向けに提供するサービスの差異は、小さくなってきています。

●T&Eサービスの充実化を図るVISA/Mastercard

VISA、Mastercardはともに、単なる従来型の決済カードにとどまるのではなく、T&Eサービスにも力を注ぎ始めています。
たとえば、両カードブランドは、すでに、それぞれ独自の優待サービス網を構築しており、

VISAカード会員は、Visaのお得なキャンペーン・優待(ハワイ・グアム、アジア、ヨーロッパ)、
Mastercard会員には、世界20都市・エリアの優待特典「Mastercard海外優待ガイド」のほか、各種の「お得なキャンペーン

が用意されています。

もっとも、これらの優待サービス網だけでは、ホテル・レストランに強固なサービス網を確立している「アメリカン・エキスプレス・セレクト」とは、まだまだ比較になりえなかったのですが、VISA、Mastercardもこれだけにとどまっているわけではありません。

とくに、Mastercardは、近年、矢継ぎ早にT&Eサービスの充実化を推進しています。

まず、Mastercard会員なら誰でも登録できる「Mastercard Moments」プログラムです。このプログラム会員向けサイトでは、「未知の世界へ」「至福のアクティビティ」「美食との出会い」「心も身体もリフレッシュ」「究極のショッピング」というカテゴリーで、味のある優待特典を企画しています。

また、2008年11月1日より、Mastercardゴールド会員向けのサービスサイト「Mastercard Gold オファー」を立ち上げ、旅行・レストラン・ゴルフ・大変型メニューなどの多彩なサービスを優待価格で提供するサービスを提供しています。

■VISA/Mastercardのプラチナ会員向け特典

さらに、VISA、Mastercardとも、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのサービスに対抗して、自社ブランドのプラチナカード会員向け「コンシェルジュサービス」や高級T&Eサービスの企画・運営も行っています。

VISAプラチナカードおよびMastercardプレミアムカードホルダー(プラチナカード・ワールドカード)限定サービス「Taste of Premium」のサービスは、それぞれ公式ページに公開されています。

●加盟店舗網の拡大を進めるAMEXとDiners ClubおよびJCB

AMEXは、およそ10年前にJCBと加盟店業務で提携しており、国内の(ほとんどの)JCBカード加盟店でも利用可能になっています。

JCBの取扱店数は、2008年3月末現在、世界1,232万店でした。ところが、近年は、米国に400万店以上あるDiscover加盟店での利用を可能とするなど、海外での取扱店を急ピッチで拡大しています。2017年3月末現在、JCBの取扱店数は、世界3,312万件に広がっています。

Diners Clubも、Diners Club加盟店のほか、米国(ハワイを含む)およびカナダの主要Mastercard加盟店でも利用(2010年6月30日まで)することができます。なお、2010年7月1日からは、ディスカバリーとの提携がスタートし、全米に400万店以上ある「ディスカバリー」加盟店においてダイナースクラブカードが利用可能になっています。ダイナースクラブのニュースリリースはこちら≫

なお、ダイナースクラブは、国内においては、2006年2月にJCBと加盟店事業の一部で提携しており、2006年3月より、既存のJCB加盟店を経由してのダイナースクラブカード取扱加盟店の拡充を進めています。

※JCB加盟店の大半で、ダイナースクラブカードが使えるというわけではありません。JCBのニュースリリースはこちら

クレジットカードの優待サービスの詳細解説はこちら≫

■国際カードブランドの優待サービス網比較

上記5大国際カードブランドの優待サービス対象国・地域の比較表です。

※WEB上で確認できる優待サービス対象国数です。WEB上にアップされていない優待サービスも多数あるため、実際の優待サービス対象国数は、これより多くなります。(とくに、アメリカン・エキスプレスとダイナースクラブ)

AMEX:「アメリカン・エキスプレス・セレクト
ダイナースクラブ:「Diners Club Privileges+海外クラブホテルズ」
VISA:「VISA優待」、 Mastercard:「海外優待ガイド」
JCB:「JCB優待ガイド+日本国内優待」

対象地域 AMEX1 Diners Club1 VISA1 Mastercard1 JCB2
北米・カリブ海 8 1 1 1 5
中南米 9 3 0 0 0
ヨーロッパ 40 18 2 5 6
中東 4 0 0 0
オセアニア・太平洋
(ハワイ・グアムを含む)
3 4 1 3 3
アジア 15 14 3 6 10
アフリカ 2 1 0 0 0
トータル 77 45 7 15 24

1 2010年10月8日現在の情報
2 2011年10月1日現在の情報

ページTOPへ ▲

最終更新:2011年9月29日

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS 2.0
サイト内検索 by Google



スーツケース・旅行用品のトラベラーストア